細見農園

丹波篠山産コシヒカリ(特別栽培米)、丹波篠山の特産物(黒枝豆・山の芋・小豆・黒大豆など)

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  鶏糞堆肥を使った減農薬栽培

約100年代々受け継がれるオリジナル鶏糞堆肥を使った減農薬栽培

細見農園が作る全ての作物には自社の鶏糞堆肥を使用しています。

細見農園は、約100年4代目になる兵庫県篠山市で唯一の養鶏農家であり、養鶏業を営みながら農作物の栽培・販売を行っております。細見農園が作る全ての作物には自社で開発した鶏糞堆肥を使用しております。有機質肥料を中心に化学肥料、農薬の使用を控え栽培しております。

お米(コシヒカリ)を中心に、篠山市特産品「黒枝豆・山の芋・小豆・黒大豆」なども取り扱っております。自慢のお米は兵庫県の認証をうけた低農薬・低肥料の特別栽培米として認定されています。毎日が勉強だからこそ楽しく、お客様の『美味しい』のお声を楽しみに励んでおります 。

 

鶏糞堆肥を使った減農薬栽培

 

 
 
  兵庫県 篠山市 唯一の養鶏農家。
常時2万羽の約60日間、平飼いのみで飼育された鶏。飼育されている鶏は薬の使用はなく。
餌は市販の飼料は一切使用せず、先代達が研究して作り上げた配分を契約飼料メーカーに餌の配合を依頼し、鶏の健康を考え、消費者の健康を考えた飼料を使用しております。
また朝引きブロイラー(精肉)として阪神間に出荷されております。
※朝引きブロイラーとは夜に出荷され、朝には精肉として販売される極めて鮮度の高い新鮮な精肉で、大変貴重な鶏肉です。
 
 
  大切に60日間飼育された鶏からでた『鶏糞堆肥』
何回も酸素を送り込み発酵、乾燥をさせていきます。
細見農園はただ堆肥として使用するのではなく、さらに栄養豊富な堆肥にするために研究を行ってきました。
現在は鶏糞堆肥に『微生物、米ぬか、カルシウムなど』の有機物を混ぜ込み、微量要素を高めております。
また篠山市の多くの農家から『この鶏糞堆肥を使うとおいしくなる』と口コミで広がり土作りとして、肥料として重宝さております。
篠山の秋の収穫が終わると同時にはじまる
『篠山の土作り』
秋から冬にかけ『オリジナル鶏糞堆肥』をしっかり散布し土と混ぜ込み、冬の栽培のない圃場は土を休ませ春に向けしっかりと栄養を蓄えていきます。
そうすることで春からの栽培に余分な肥料は一切必要とせず、次の収穫まで元気な作物になっていきます。
   
 
    しっかりと散布した堆肥は
『土を豊かにし、作物に栄養をたくさん与えてくれます。』
例えば…細見農園のお米は甘みだけではなく『旨味』があります。それは数字や点数で表す事のできないものです。『黒大豆、枝豆、山の芋』は雑味がなく素直に『甘く美味しい』そして『うまい』。
何度も試行錯誤され、生み出されたオリジナル鶏糞堆肥。約100年。代々続く栽培方法を今も大切に守り続けることで多くのお客様に愛されています。

鶏糞堆肥を使った減農薬栽培