×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  山の芋

山の芋

  • 件 (全件)
  • 1

山の芋 完売とお店の情報

おはようございます。
農園長の細見です。

今年度の山の芋は完売となりました…。
今年も面積を拡大しましたがアッいう間の出来事のように終わりました。
今からご購入予定の皆様、申し訳ございません。

山の芋掘り出しからの作業内容など今回は後悔します。

掘り出し清掃後は種芋、特秀、ご家庭向けと分けていきます。
この作業もなかなか泣かせてくれる作業でして、種芋選別は、来年用なので特に気を使います。
特秀、家庭向けなんかもビミョーな形の芋だと頭を使います。
スタッフと『この凹みがこうだから家庭用だ』とか『でもここが綺麗だから特秀でもいいんじゃないか?』とか
『これが特秀ならさっきの芋も特秀だ』とか…(笑)
終わりがありません。

選別が終われば箱詰め作業。
この作業も箱に詰めるだけ!なんですが、一日にあまり進みません。
結構な時間がかかります。
画像は夜中まで作業した時です、芋なのか箱なのか…
作業場にどっさりと積まれた芋と箱。



今年からパッケージラベルを一新しました♪
お願いいしたのは篠山の『いなかの窓』と言う会社です。
すごく素敵なラベルのデザインをしていただきました。
今年は、いつもの山垣畜産さんと共にめぐみの郷 デュオ神戸さん、西神パルティさんにも置かせていただいております。
めぐみの郷には現品限りですのでお早めがよろしいかと思います。

来年に向けお米セットの販売も検討中です♪
お試し企画としてご利用いただきご好評いただきました。
画像は山の芋1.5㎏とお米5㎏のセットです。

最後になりました、飲食店情報(順不同)
▼西宮北にある鉄板焼き とーせんぼ さん▼

http://www.fujiyagroup.co.jp/tosenbo/

▼豊岡にある たけなわさん▼

http://takenawa.jp/

▼大阪 八尾市 Pit・Break(ピットブレイク)さん▼

https://www.facebook.com/pitbreak.yao/


でお食事がいただけるようです。
販売店・飲食店共にお近くにお立ち寄りの際はお願いいたします。

2018-12-01 09:09:28

コメント(0)

折りたたむ

山の芋 収穫作業

農園長の細見です。
すっかり秋になり紅葉が綺麗です♪
丹波篠山は秋に収穫がたくさんあるので秋の行楽とは無縁ですが
ゆっくり秋を楽しみたいです!が味覚の秋を満喫しておりますので良しとしましょう♪

さて、11月1日からはじまった 丹波篠山山の芋
無事に収穫作業が完了です。

ドーン!真っ白です。
これが噂の丹波霧。朝8時の様子です。この霧10時まであるのですが…
運転危ないですよ(;'∀')
でもこの丹波霧が丹波篠山の作物の美味しさの秘訣の一つなんです。
そして機械を導入しました。
慢性の腰痛持ちの私や先代も高齢になってきました。
いかに山の芋を効率よく作業し、この先の農業を続けるかと会議をした結果です。

それでも機械がUターンする場所は手掘りです(;'∀')
スタッフも増え、面積も増え、何かと外回りが増えた私、だんだんデブに…運動不足解消に頑張りました!

そして機械、投入!
感想として。とても楽になりました♪
芋の傷つきも減り良い事だらけです!
掘り出し作業に1週間は要しておりましたが4日で終わりました。
ありがたい限りです。

現在は山の芋の清掃作業をしております。
今の時期は鶏糞堆肥の散布依頼もあったりでバタバタしておりますが
効率良くできるところは機械を入れ早くお届けできるようにしてまいります。
 

2018-11-11 09:30:56

コメント(0)

折りたたむ

平成30年産 山の芋 植えつけました

ご無沙汰しております。
すっかり春になりました。
寒い時期も終わり、暖かくなり嬉しいかぎりです。

フェイスブックではお知らせいたしましたが、山の芋の植え付けを行いました。

丹波篠山、細見農園の山の芋植え付け
気温も高く絶好の植え付け日和です。

山の芋の植え付けは本来ならば4月半ば頃が適期(良い時期)なんですが
田んぼの準備など考慮するとどうしても4月初めになってしまいます。
細見農園では何故か桜が咲く時期に植え付けを行っていて
今年もなんだかんだと桜が咲いていました。

山の芋の種芋は昨年栽培した山の芋から『特に良い物』を選びます
1つ45~50グラムに切り植え付けていきます。
大体、150キロ~170キロのありましたので数千個になります。


等間隔に置いていき一つ一つ手で植えていきます。
毎年、毎年、機械があればな~と思います。
でも植え付け時に向きがあるので機械がないのです。
数千個…なかなかですが、母親がいつも言います。
『美味しくなあれ、綺麗な真ん丸になるんだよ』
本当にそうです。

今年も良い作物を思いを込めて形にしてお届けいたします。
山の芋は11月収穫、約半年、長丁場ですが楽しみながら頑張っていきます。

植え付けも終わりましたので…次はお米です!!!



 

2018-04-03 22:33:33

コメント(0)

折りたたむ

山の芋 予約受付ついて

丹波篠山 山の芋予約受付

大変お待たせいたしました。
29年産 丹波篠山 山の芋
予約受付、予約分の出荷を開始いたします。

ご予約の時期は11月22日までの予定となります。

▼商品ページこちら▼
https://www.hosominouen.com/category/4/

予約について。
①メールもしくはお電話にてお問い合わせください。
②贈答品・自家用品をお選び下さい
③予約キロ数(1~5kg)
④お届け先
⑤お支払い方法(お振込み・代引き)
※贈答品のご予約はメールにてお届け先・ご依頼主様をお伝えいただきますとスムーズです。

一般販売につきましては11月末日より開始いたします。

細見農園で収穫された山の芋のみの販売でございます。
再入荷等はございませんのでなくなり次第完売となります。
予めご了承下さい。
 

2017-11-15 19:04:20

コメント(0)

折りたたむ

丹波篠山 山の芋 植え付け開始

こんにちは!
すっかり春になりまして桜も満開となりました♪
篠山の桜の写真を添えたい所ですが我慢して
農作業頑張っています!

今日は山の芋の植え付けを行いました。
植え付け時期は4月中旬~下旬にかけてなのですが
細見農園は毎年、この桜が満開になる頃に植え付けをしています。
特に狙っているわけでもないですが、毎年この時期です。
すぐに田んぼが控えていると言うのもありますが。

丹波篠山産山の芋 植え付け7
上の画像のように切った種芋を千鳥に交互に置いていくのです。
で少し土を掘って決まった向きにして土を被せる。
置く人はあまり苦ではない作業ですが。

山の芋 植え付け
植える人は ず---------っと この姿勢。
一日。
ず----------っと 一日です。
それはもう…腰にかかる負担は半端ないです。
こうやって山の芋は植えられていくのです。
植え付け担当様、ご苦労様です。
明日は雨なので晴れたらまた植え付けを再開です♪

今日はここまでです。

2017-04-10 20:17:30

コメント(0)

折りたたむ

山の芋 準備


久しぶりの更新となってしました。
既に3月も末…
寒い日もありますがすっかり春です。
3月はバタバタとジャガイモの準備に植え付け
草刈にと本格的な春に向けといった感じです。
今回は先日、山の芋の準備に入ったのでお知らせです。

丹波篠山、山の芋保管
何か固まりですね…実はこの中に昨年収穫した山の芋が保管されているのです。
山の芋は乾燥を嫌います。方法は農家それぞれですが細見農園は
土を被せ藁をひき、雨よけの屋根をして一冬を越します。

丹波篠山山の芋種芋
傷をつけないように土の固まりを手掘りして・・・出てきました♪
昨年の収穫に残した本当に良い形、大きさの山の芋種芋です。

丹波篠山山の芋種芋消毒
そして全て掘り出したら消毒します。
皮の表面につく、青カビだとか様々な病気の予防です。
種芋が病気になると種芋からできた芋も病気になるんです。
形、大きさの遺伝だけではなく、病気なども遺伝してしまうのです。

今回はここまでです。

 

2017-03-27 03:01:13

コメント(0)

折りたたむ

山の芋 完売御礼


平成28年度 丹波篠山産 山の芋
完売となりました。

今年度も多くの皆様にご利用いただけた事をお礼申し上げます。
また今年の収穫された山の芋に満足することなく
今年の経験を来年に活かしまた来年も良い芋を育てられるように励んでまいります。

これから丹波篠山は黒大豆に向け作業が進んでおります。
細見農園でも僅かではございますが販売してまいります。
篠山の魅力・味を楽しんでいただければ嬉しく思います。

2016-12-13 10:41:09

コメント(0)

折りたたむ

山の芋 熟して…

10月も下旬になりました。
丹波篠山の黒枝豆はまだまだ賑わいがあります。
篠山の農家として篠山の作物を楽しんでいただけるのが本当に嬉しいです。
黒枝豆もこれは完熟と向かい食感もホクホクしてまいります。
3回目の楽しめる時です。

そして11月~は山の芋!
別名『霧芋』とも呼ばれています。
山の芋は春から準備、植え付けをして
手をかけて最後は掘ってみないとどんな形の芋なのかわからない!
そんな芋なんです。

この写真は梅雨時期です。

現在は少し黄色くなってきています。
これが11月には茶色くなりしっかりと皮を張り味が乗り芋となるのです。
この時期はとにかく触らない!
触るとせっかくできた形が崩れてしますので草引きも慎重に行います。

掘ってみないと形がわからない芋
とてもドキドキしますがそれがまた掘るときの楽しみであり
1年頑張って育ったねと山の芋に声をかけれる時でもあります。

2016-10-17 21:33:49

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1

CONTENTS

CATEGORY