×

CATEGORY

HOME»  丹波篠山の特産物»  黒大豆

丹波篠山の贅沢をいただく

黒大豆とは 江戸時代の江戸の高級料亭だった八百善が正月向けに考案したとされており、正月料理(おせち料理)には欠かせないものとされる。労苦をいとわず物事にはげむこと、また、そのさまや、からだのじょうぶなことを「まめ」と呼ぶことから、これからの一年をそのように過ごせるようにという験担ぎである。
丹波篠山の黒大豆 お正月に欠かせない食材として抜群の知名度を誇る『丹波黒』 幕府や宮中に献上され昔から兆歩され高価な作物。 主な特徴としては一般的な黒豆に比べ約3倍の大きさは世界でも類を見ない大粒で、煮ては皮は破れにくく、漆黒で艶やかで、香りも芳香、食感はもちもちとしながらも上品でありまさに最上級と言えます。 近年では形、色、艶が良い事もあり洋菓子としても扱われその知名度は広がる一方です。また健康面での栄養価も高く非常に注目を集めております。

商品一覧

並び順:

CONTENTS

CATEGORY