×

CATEGORY

HOME»  丹波篠山の特産物»  黒枝豆»  丹波篠山 黒大豆枝豆(さやのみ)250g

丹波篠山 黒大豆枝豆(さやのみ)250g

  • 丹波篠山、黒枝豆、細見農園
■予約注文受付中!
10月上旬(解禁日より)順次発送いたします

■過去の受賞

平成27年 篠山市味間南地区 品評会 3位入賞
平成28年 篠山市味間南地区 品評会 4位入賞
平成29年 篠山市味間南地区 品評会 1位受賞 

■販売期間

解禁日より10月31日ご注文分まで
※11月以降の日にち指定のご注文はお受けできません。
 ご指定があった場合は時間指定以外は通常発送となります

送料について

1個口の送料になります。→配送料金表
複数ご注文際には、一まとめにして発送させていただきます。
その際には送料に変更が出ますのでご注意ください。

  • 丹波篠山 黒大豆枝豆(さやのみ)250g

  • 型番・品番

    sayanomi

  • 販売価格

    356円(税込)

  • 販売開始日

    2019/09/09

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • 丹波篠山 黒枝豆とは

    ▲丹波篠山の特有の気候・大地・水・が育てています。
    何よりも特有の気候は【丹波霧】と呼ばれ。
    初秋から発生す深い深い霧が黒枝豆を美味しくしてくれています。
    昼夜の寒暖差が丹波霧を生み。
    日中、大地と太陽からしっかりと栄養を吸収します。
    夜間、早朝と気温が下がり丹波霧が発生すると
    集めた栄養を蓄えはじめます。
    蓄えた栄養は【美味しさ・味の深さ】に変わっていきます。
    初秋から寒暖差を繰り返すことで、どんどん栄養を蓄え
    美味しく、甘く、コクのある枝豆になっていきます。
    ▲10月の解禁より少しずつ実を膨らまし、10月中頃には最盛期の食べ頃を迎え、甘さ、コク、食感のバランスが良く一度食べたら止まらなくなってしまいます。10月末には固くなってしまうので丹波篠山の黒枝豆は約14日のみと言われそのたった、14日のために全国各地から篠山市に集まることから【幻の枝豆】と言われております。
    細見農園では10月末の枝豆の通が好む【完熟期】を楽しんでいただきたく10月31日まで対応させていただいています。
    近年では丹波篠山の種子を使用した黒枝豆が別の産地から出回っておりますが丹波篠山の土、気候、水の違いにより、その味、美味しさは他の産地に比べワンランク上と言われ【本物の黒枝豆 丹波篠山】と言われます。

    最高の黒枝豆を3度、楽しもう!

    【若さや】
    時期:解禁日から中頃まで
    特徴:鞘・実の膨らみは小さいですが、味はザ・枝豆。
       ほかの産地の枝豆と比べ味がしっかりしています。
       まずは【若さや】を楽しみ、最盛期を楽しみにお待ちください。

    【本黒枝豆(最盛期)】
    時期:中頃から末まで約10~15日
    特徴:鞘・実、共に十分に膨らみます。
       食感はプリっとしながもホクホク。口に入れた瞬間の甘さ、匂いが最高で
       後から来る旨味が癖になり、一度食べたら止まらないになります。
       また鞘についた、黒いシミがついた枝豆は味がしっかりして最高に美味しいです。

    【完熟期】
    時期:10月末(食べられるのは数日)
    特徴:色は黄緑、黄色
       食感は少し硬いが、ホクホクし癖になります。甘みより旨味、味の深さが癖になります。
       黒枝豆 通はこの完熟を食べないと枝豆が終わらないとまで言い、またこれが丹波篠山の黒枝豆とまで言います。
       
  • 細見農園のこだわり

    黒枝豆が出来るまで 収穫から発送まで

    こちらでは収穫から発送までをご紹介いたします。
    ①切り出し【収穫】
    毎朝、始業前に全ての畑を確認し、一番膨らみの良い畑から収穫。
    収穫には一本ずつ手作業で丁寧に収穫していきます。
    ②葉とさや分け
    収穫した枝豆の木を作業場に持ち帰り、機械にてさやのみを収穫していきます。
    ③選別作業
    先代を中心とした選別グループで手作業で選別していきます。
    ④2次選別・梱包
    農園長の厳しすぎる選別により袋詰めの前にもう一度選別作業を行い、品質の統一を行います。理由は選別を二人にすれば早くできますが選別は人により良し悪しが様々です。皆さんに安心して食べていただくために、農園長一人で梱包前に再度、選別作業を行い、品質を揃え綺麗な枝豆のみを出荷しております。

関連商品

CONTENTS

CATEGORY