×

CATEGORY

HOME»  丹波篠山の特産物»  丹波篠山産 山の芋 自家用

丹波篠山産 山の芋 自家用

丹波篠山 特産 山の芋

丹波篠山の山の芋 自家用品
・1㎏、2㎏、3㎏、5㎏、10kgをご用意いたしました。

※参考に1㎏で2~3個となります

主な特徴
・消化促進 消化酵素を多く含み消化吸収を助ける
・滋養強化 強壮、強精、疲労回復、高血圧防止など
・強い粘り きめ細かい肉質と粘り、長期保存

  • 丹波篠山産 山の芋 自家用

  • 型番・品番

    yajika-01

  • 販売価格

    900円(税込) 9,000円(税込)

  • 販売開始日

    2017/11/22

  • 在庫

    在庫切れ

  • サイズを選ぶ

在庫切れボタン

  • 山の芋の歴史。古くは縄文時代より中国から渡り江戸時代から丹波篠山で栽培されてきました。山の芋栽培。12月から有機肥料を入れ土作りを行い柔らかい土に仕上げ4月に植え付けを行い11月に収穫皮を剥くと色は真っ白な純白で、肉質はきめ細かく締りがあり、ねばりは極めて強く、 栄養豊富で精力増進、発育促進に優れた栄養食品として食されています。 それは篠山の気候で秋に出る霧が美味しさを引き立てます。別名『霧芋』とも呼ばれています。『とろろ』。食べる時、ダシつゆでのばすことが多いのですが 初めての方は是非一度そのままお召し上がりください。 芋自体の豊かな香りと味わいを体感いただけます。 また、生食が可能ですので短冊に切りサラダなどにしていただききめ細かい食感 をお楽しみください。細見農園の山の芋。当農園が山の芋の栽培を始めたのは約20年前。 毎年厳しい選別作業を行い代々受け継がれてきた種芋を大切に守り。 自家製堆肥で土作りを行い、植え付け前に土壌をしっかりと害虫から守る処理を行います。 山の芋は非常に栽培が難しく。僅かな土の揺れで形が変形してしまうこともあります。 また害虫、気候の変化にも決して強いと言えず特に病気も形同様に遺伝してしまうため 栽培前、栽培中、栽培後と種芋、作業機械、手袋などすべてを管理して芋にとって良い状態を保っております。ご購入前のご理解。山の芋は性質上、表面上に問題がなくても包丁をいれた際に稀に中が変色している場合がございます。 その際は、変色箇所を取り除いていただければその他の部分は正常に食していただけます。 ご理解いただきますようお願いいたします。

関連商品

CONTENTS

CATEGORY